2013年5月13日月曜日

NFSホームディレクトリでログイン出来なくなった


  • Debian/Linux 7やUbuntu Linux 13.04のクライアントから
  • Debian/Linux 6で動いているNFSサーバーを
マウントしてホームディレクトリをNFS上に置くと、クライアント側でユーザーがgdmやlightdmでログインできなくなる。そのとき
  • サーバー側で kernel:  lockd: cannot monitor クライアントパソコン名
  • クライアント側で lockd: server サーバー名 not responding, still trying
というエラーメッセージが出る。その理由は、gdmやlightdmなどのデスクトップマネージャーが、ホームディレクトリ上のファイルをロックしようとしているが出来ないことが原因となっている。

対応策としては、なぜかNFSがtcp経由で行われているので、クライアント側の/etc/fstabにproto=udpを付け加えれば直った。proto=udpを付けると、クライアント側で「lock,local_lock=none」付けてNFS経由でのロッキングを完全に行うようにしても、今のところ問題なく動作している。なお、ロッキングがうまくいっていないときは、ここにあるサンプルプログラム がうまく動かずクライアント側で実行したときにハングアップするが、ロッキングがうまくいくようになると前述のサンプルプログラムがうまく動作するようになる。